コレステロールを下げる効果がすごい!EPA・DHAを摂ろう!

コレステロールが高いと動脈硬化などの血管系の病気のリスクを高めてしまうので、早めに下げる必要があります。
そこで、おすすめしたいのがEPA・DHAという成分です。

EPA・DHAにはドロドロ血液をサラサラにして、コレステロールを下げる働きがあります。
実際にEPA・DHAを摂るようになってからコレステロール値が下がった方は多いですし、私も意識して摂り始めてコレステロールが下がりました。
このように効果を実感している方がたくさんいるので、コレステロールが気になる方は積極的にEPA・DHAを摂取しましょうね。

EPA・DHAは青魚に多く含まれていますが、魚が苦手という方もいると思います。
そんな方はサプリを使用してはいかがでしょうか?
EPA・DHAが配合されたサプリが販売されているので、魚が苦手な方はサプリで補うのも1つの方法です。
飲みやすいサプリなら生臭さがまったくなく、魚嫌いな方でも気軽に飲むことができます。

EPA・DHAを摂る時の注意点

コレステロールを下げるEPA・DHAを摂る時の注意点をいくつか紹介したいと思います。
これからEPA・DHAを摂取しようと思っている方は、しっかりと覚えておきましょう。

EPA・DHAは熱に弱く酸化しやすい

EPA・DHAは熱に弱く酸化しやすいという性質を持っているので注意してください。
青魚で摂る場合、加熱すると成分が壊れてしまうので、お刺身にするのが理想です。
さらに酸化しやすいので、長時間放置するのもNG。
酸化したものを食べても効果が期待できないので、買ったらすぐに食べるというのも意識しましょうね。

EPA・DHAの過剰摂取は避ける

EPA・DHAの1日の摂取量目安は1000mgだとされています。
多少オーバーする分には問題ないのですが、あまりにも過剰に摂り過ぎるのは危険です。
過剰摂取するとEPA・DHAの持つ血液をサラサラにする効果が強く出てしまい、怪我をした時に出血が止まらなくなる恐れがあります。
いくらコレステロールを下げる効果が強いといっても摂り過ぎは体に悪いので、1日1000mgを目安にしてください。

効果・効率を重視するならEPA・DHAサプリがおすすめ!

EPA・DHAは1日1000mgほど摂取した方がいいとされていますが、食事ですべてを補うのはとても難しいです。
毎日たくさん青魚を食べないといけないので、飽きてきますし、経済的負担も大きくなります。
そのため、食事で足りない分をサプリで補うというのがいいと思います。
これなら無理なくEPA・DHAの摂取を続けられるでしょう。

さらにサプリなら効率良くEPA・DHAを摂取できるという利点もあります。
酸化しやすいEPA・DHAをフレッシュな状態で摂るのは難しく、青魚を意識して食べてもあまり効果を実感できない場合もあるでしょう。
しかし、酸化防止成分が配合されたサプリならフレッシュなEPA・DHAを摂取可能です。

健康のためにコレステロールを下げたいと思っている方は、ぜひEPA・DHA配合のサプリを使ってみてください。