DHA・EPAはオメガ3脂肪酸の一種?

コレステロールを下げたい方におすすめしたいのがオメガ3脂肪酸という成分です。
サプリでもよく使われている成分なので、名前を聞いたことがある人も多いと思います。

コレステロールを下げる有効成分としてDHA・EPAが有名ですが、この2つはオメガ3脂肪酸の代表格です。
そのため、DHA・EPAとオメガ3脂肪酸は同じものだと考えていいでしょうね。
ちなみにオメガ3脂肪酸は体内に作ることができない、必須脂肪酸に該当します。
オメガ3脂肪酸の効果を得たいのであれば、食べ物やサプリから摂取しないといけません。

オメガ3脂肪酸を多く含む食べ物は色々あります。
青魚をはじめ、くるみ、シソ油、えごま油、亜麻仁油などに多く含まれています。
食生活が欧米化してオメガ3脂肪酸の摂取量が減っているといわれているので、意識して摂りましょうね。

オメガ3脂肪酸はコレステロールを下げるだけではない!

オメガ3脂肪酸には硬くなった血管をしなやかにして、血液の流れを良くする働きがあります。
血液がサラサラになると血管中の悪玉コレステロールが減るため、オメガ3脂肪酸はコレステロール対策にいいといわれているのです。
また、オメガ3脂肪酸はコレステロールだけではなく、他の症状にも作用します。

オメガ3脂肪酸は中性脂肪を減らす

オメガ3脂肪酸には中性脂肪の合成を抑制したり、血管を拡張する働きがあります。
この働きによって、中性脂肪値を効果的に減らすことができます。
中性脂肪の増加は肥満を引き起こし、動脈硬化のリスクを高めるので、オメガ3脂肪酸で早めに対処してはいかがでしょうか。

ダイエットにも効果がある

オメガ3脂肪酸はダイエットにも効果があるといわれています。
油というとダイエットの妨げになるイメージが強いですが、良質な油はむしろ摂った方がいいです。
えごま油や亜麻仁油には脂肪の燃焼を促す働きがあるので、体脂肪が落ちやすくなります。
効率良く痩せたいならオメガ3脂肪酸を摂って運動をするといいでしょう。

安全面は大丈夫?オメガ3脂肪酸の副作用

オメガ3脂肪酸にはコレステロールを下げたり、中性脂肪を減らす効果があるので、積極的に摂りたい成分の1つですが、過剰摂取には気をつけてください。
どの食品・サプリメントにもいえることですが、体にいいからといって摂り過ぎると体に悪影響を及ぼします。

オメガ3脂肪酸をあまりにも摂り過ぎると血圧が低下したり、血が止まりづらくなる可能性があります。
特に薬を服用している方は注意が必要なので、飲む前に医師に相談した方がいいと思います。

また、魚アレルギーの方も危険です。
オメガ3脂肪酸配合のサプリの中には魚の成分で作られたものもあります。
魚アレルギーの方が飲んでしまうと重大なアレルギー症状が現れる恐れがあるので気をつけてくださいね。

普段の食事だけでオメガ3脂肪酸が過剰摂取になることはまず考えられませんが、サプリを飲む場合は注意が必要です。
オメガ3脂肪酸の摂取量は1日1000mgが理想だといわれているので、考えながら飲むようにしましょう。